医学部予備校の料金が高い理由と安く利用する方法とは

医・歯学部は入試偏差値が高いので、専門の予備校がたくさんあります

医・歯学部は入試偏差値が高いので、専門の予備校がたくさんあります理系の学生であれば物理を選択する人が多いです医学部受験のための予備校の学費を安くする方法

大学の医学部は入学試験の偏差値が非常に高いので、多くの受験生は予備校を利用して入試に備えています。
医・歯学部は入試偏差値が高いので、専門の予備校がたくさんあります。
授業料は授業の形式によって違い、集団指導型と個別指導型では料金に大きな違いがあります。
集団指導型の学校では、成績や志望校別に30名前後のクラスに分かれて授業を受けます。
個別指導型と比べると集団指導型の授業料は低めですが、医・歯学部を目指すための専門の予備校であれば年間あたり200万円〜400万円ほどです。
個別指導型であれば1人の講師が1人の学生の指導をしますが、年間あたりの費用は1千万円前後かそれ以上です。
いずれの形式も、他の学部を目指す予備校と比べたら学費が高額に設定されているという特徴があります。
医学部予備校の料金が高額な理由はいくつか考えられますが、最も大きな要因は1人の講師が指導をする学生の人数が少ないことです。
集団指導型の授業でも1クラスあたりの人数が20〜30名程度と少ないので、1人あたりの費用が高くなってしまいます。
個別指導型の授業はマンツーマンなので、多額の費用がかかってしまいます。
医学部や歯学部の入試偏差値が非常に高いことも、学費が高くなる理由のひとつです。
医・歯学部の入学試験では文系科目は英語だけで、英語以外は理系科目の試験が実施されます。
医・歯学部は人気が高いので、非常に高い学力が求められます。

医学部編入の予備校は「河合塾KALS」が独占していると言っても過言ではありません。

賛否両論がある予備校ではありますが、過去問がストックされていたりと情報はかなり得られます。

— シュン@医学部学士編入屋 (@ShunHennyu) 2019年7月18日

医学部 予備校 | 四谷メディカル