医学部予備校の料金が高い理由と安く利用する方法とは

医学部受験のための予備校の学費を安くする方法

ちなみに国公立大学に入学した場合は、6年間でトータルで支払う学費は400万円以下です。
国立大学は文系・理系学部に一切関係なく入学金や授業料が同額に設定されているので、年間あたりの費用は経済学部や文学部に入学する場合と同じです。
医学部を卒業するまでに6年間を要するので、例えば国立大学であれば文学部に入学して2年間留年して卒業するのと同じ学費です。
入学してから卒業までのトータルで支払う費用を考慮すれば、受験対策のために1千万円を支払ってでも国公立大学や授業料の安い私立大学に入学した方がお得です。
文系学部の場合は受験勉強に1千万円の費用をかけて国公立大学に進学するとトータルで赤字になってしまいますが、医・歯学部に関してはそれでも黒字にすることができます。
大学の学費が同じでも、地元の国立大学に入学すれば在学中の生活費を節約することができるでしょう。
医学部受験のために予備校を利用する場合には高額な学費が必要になりますが、安くする方法があります。
集団指導型の学校であれば、各種の割引制度を活用することで学費を安くすることが可能です。
ある程度の規模の学校であれば、模擬試験の成績や前年度に大学を受験した際の結果によって学費の一部が免除される制度が設けられています。
前年度の模擬試験で一定水準以上の偏差値であれば、入学金などが減免されるケースはすくなくありません。
前年度に医・歯学部を受験した際に、1次試験を突破していれば学費が割引になるケースもあります。
個別指導型の授業であれば学費の割引制度が設けられていないケースがほとんどですが、受講するコマ数や科目を変えることで料金を抑えることができる場合があります。
得意科目については受講数を減らして、その分を不得意教科を増やすことができるかもしれません。
個別指導型の学校を利用すると料金が高額になってしまいますが、カリキュラムを上手に組むことで費用を節約することが大切です。

医・歯学部は入試偏差値が高いので、専門の予備校がたくさんあります理系の学生であれば物理を選択する人が多いです医学部受験のための予備校の学費を安くする方法